ビヨ~ンズ(BEYOOOOONDS)な日々

BEYOOOOONDを中心にハロプロについて気軽に語っていきたいと思います。

【森戸知沙希・井上玲音】Hello! Project 2020 Winter HELLO! PROJECT IS [ ]~side B~レポ2020.1.4

f:id:natsukirinkun:20200108114011j:plain

f:id:natsukirinkun:20200108114036j:plain

f:id:natsukirinkun:20200108114140j:plain

f:id:natsukirinkun:20200108114216j:plain

f:id:natsukirinkun:20200108114223j:plain

f:id:natsukirinkun:20200108114233j:plain

後ろと横が通路の1階12列の神席でしたが、
何とちぃちゃんが目の前の超至近距離で踊ってくれて、
今年のチケット運は全て使い切ってしまったかも
知れませんねえ。



1/4夜に中野サンプラザで行われた
Hello! Project 2020 Winter
HELLO! PROJECT IS [  ]~side B~』に参戦しました。​


まずは、セットリストから。

01.ハロー!ヒストリー(全員)
02.新年バンジージャンプ(BEYOOOOONDS)
03.明礬、ギャラクシー劇場で(アンジュルム
04.眼鏡の男の子(アンジュルム&BEYOOOOONDS)
05.人生、すなわちパンタレイ(アンジュルム&BEYOOOOONDS)
06.シャッフルメドレー前半
・ボーイフレンド(石田・伊勢)
白いTOKYO(森戸・牧野・横山・野村・一岡)
桜チラリ(小田・羽賀・和田・高瀬・北川)
・旅立ちの春が来た(岸本・高木・浜浦)
・世の中薔薇色(佐藤・段原・岡村ほ・船木・佐々木)
悲しき雨降り(室田・前田・西田・山﨑愛)
07.ダンス部(森戸・竹内・稲場・牧野・山岸・里吉)
08.悪いヒト(ハロプロ研修生
09.抱きしめられてみたい(つばきファクトリー
10.好きかもしれない(こぶしファクトリー
11.今夜だけ浮かれたかった(こぶしファクトリーつばきファクトリー
12.シャララ!やれるはずさ(こぶしファクトリーつばきファクトリー
13.シャッフルメドレー後半
夏の夜はデインジャー!(金澤・生田・川村・松永・井上・秋山)
シャニムニ パラダイス(広瀬・島倉・小林・江口)
恋のヌケガラ(小野・工藤・里吉)
・ハピネス~幸福歓迎!~
(上國料・譜久村・野中・新沼・橋迫・岡村美・笠原・太田)
・WOW WOW WOW(小片・竹内・山岸・谷本・加賀・山﨑夢)
・ロマンスを肩って(宮本・植村・稲場・平井・小野田・清野)
14.ミステイク(ハロプロ研修生ユニット)【新曲】
15.Va-Va-Voom(Juice=Juice)
16.KOKORO&KARADA(モーニング娘。'20)
17.I surrender 愛されど愛(モーニング娘。'20&Juice=Juice)
18.伊達じゃないようちの人生は(モーニング娘。'20&Juice=Juice)
19.スッペシャルジェネレ~ション(全員)
20.Say Yeah!-もっとミラクルナイト-(全員)
21.Magic of Love(全員)​


今回の席は、
1階12列の横通路、後ろ通路の角席で、
昼公演の良席を上回るまさに神席。

昼に参戦したside Aは、
ハロコン史上最多、最長の降臨祭りだったので、
めちゃめちゃ期待して参戦しました。


それでは、
降臨とセトリに沿ってレポしてみたいと思います。

●降臨
降臨したのは1曲目とラストの3曲のみで、
side Aに対して極端に少なかったですが(でも、これ位が普通)、
何とラストにダントツ1推しのちぃちゃんが
後ろ通路の自分の目の前に来てくれました!!!

ちぃちゃんはライブの最前列を遥かに超える超至近距離で、
最初の3分の2は後ろを向いて(客席側に向いて)踊り、
自分の方を向いて踊ってくれたのは後半の3分の1でしたが、
奇跡が起きた”夢の瞬間”でしたね。

だって、
ハロー!のメンバー57人(ききちゃんは欠席なので)の中で、
研修生も入れたら総勢70人近い中で、
ちぃちゃんが席を挟んだ超至近距離の目の前で
1曲分をまるまる踊ってくれるなんて、
奇跡としか言いようがないです。

ちぃちゃんの指先まで神経の行き届いた
しなやかなダンスに心を奪われ、
後半の3分の1で正面に向かい合った時には、
チラチラとこちらを見ながらも
決して目を合わせないツンデレ感に
ハートを射抜かれちゃいましたね。

間近で見たちぃちゃんは、
大人の色香で急速に眩いばかりに綺麗になっていて、
でも、人見知りのちょっとツンツンした感じは変わらなくて、
ますます大好きになっちゃいました。


ちなみにちぃちゃんの隣りは、
りあんとほまちゃん。

りあんは長い手足を使ってダイナミックに踊りながらも
終始人懐っこい笑顔を絶やさないプロ意識に好感度が増し、
ほまちゃんは汗びっしょりになって全力で踊る姿に
推し度が上がっちゃいました。


さらに、
1曲目で後ろ通路の自分の目の前に来たのは、
前半がまりあんで、後半が3推しのかみこ。

ラストでちぃちゃんの前に後ろ通路に来たのが、
BEYOOOOONDSとJ=Jのあーりーで、
めちゃめちゃ笑顔でフレンドリーなかみこと、
背が高くてめっちゃ美人で、
ハロー!のメンバーと笑顔で会話しながらダンスしている
あーりーが印象深かったですね。


●1曲目(ハロー!ヒストリー)
最初から全員参加で、
しかも降臨もあって賑やかにスタート。

総勢70人近いガールズパワーに圧倒されて、
元気にキュートに華やかに幕を開けましたね。


アンジュルム&BEYOOOOONDS
今、一番勢いのあるBEYOOOOONDSと
パワフルで自由奔放なアンジュの競演は、
パワー全開で個性が溢れていて楽しかったです。

特に秀逸だったのは、
眼鏡の男の子♪で女子高生役だったタケちゃん。

元々の歌詞のセリフの割り当ては無かったのですが、
絶妙な間合いで「ファイト!」を連呼していて
最高に面白くて、その度に会場が大いに沸きましたね。

芸達者なBEYOOOOONDSのメンバーに負けていない
まさにタケちゃんのハマり役で、
本家のBEYOOOOONDSでも取り入れたら良いのでは?
と半分冗談(半分は本気笑)で思ってしまいました。​​​


●シャッフルメドレー前半
side Aの絆の深い組合せに対して、
side Bは同じ誕生月の組合せで、
注目していたのは、
1推しのちぃちゃんがいる2月組と、
歌姫揃いの4月組とパワフルメンバーが揃った5月組

2月組はちぃちゃんがセンターを務めていて、
曲自体も大好きで満足度の高い仕上がりでしたね。

一方、圧巻だったのは、
さゆべ~、はまちゃん、きしもんの4月組

現ハロー!で最高レベルの歌唱力を誇る3人で、
歌詞から連想される寂しさと不安と希望が
混然一体となって胸に迫って来ましたね。

なお、
まーちゃん、りかこちゃん、ふなっき、るるちゃんと、
パワフルなメンバーが揃った5月組では、
最年少のほまちゃんが負けじとパワー全開で頑張っていて、
微笑ましかったです。


●ダンス部
まなかん、タケちゃん、りこりこ、まりあん、うたのちゃんと、
ダンス自慢の強者が揃った中で、
スタートでセンターを務めたのはちぃちゃん。

ハイスピードで激しい曲でも、
指先まで神経の行き届いたしなやかなダンスは
幼少期からダンスレッスンに励んで基礎がしっかりしている
ちぃちゃんならではの魅力だと思いました。


こぶしファクトリーつばきファクトリー
ハロプロ研修生ユニットに続いて登場したのは、
2015年に結成された姉妹グループ的なこぶしとつばき。

ハードボイスが持ち味のこぶしが
正統派アイドル路線の今夜だけ~♪を歌い、
逆に正統派アイドルのつばきが
パワフルなシャララ!~♪を歌うという
心憎い選曲でしたね。

こぶしは本来持っているアイドルオーラで魅了し、
つばきはハードな一面を前面に押し出して
どちらも大盛り上がりで心が躍りました。


●シャッフルメドレー後半
注目したのは、
歌声が個性的なメンバーが揃った7月組と、
3推しのかみこがいて、最多人数を誇る10月組

7月組は、
パワフルな歌声のれいれいと、
とびっきりキュートな歌声のかわむーと、
J=Jを象徴する独特な歌声のかなともの
コントラストが楽しかったですね。

また10月組は、
りんちゃん、みぃみ、はーちゃんの
ヤングパワーが可愛い曲とマッチしていて
幸福感が溢れて心地良かったです。


モーニング娘。'20&Juice=Juice
ハロプロ研修生ユニットを挟んで、
パフォーマンスで頭一つ抜けている娘。’20とJ=Jが激突。

それぞれがバリバリの新曲を披露した後は、
エール交換のように相手の曲をメインに歌って
一緒にパフォーマンスしましたが、
圧倒的なパワーにカラフルな情感が込められていて、
しかも新メンバーが伸び伸びとパフォーマンスできるように
先輩メンバーがさり気なくフォローしていてさすがでした。

新メンバーが加入しても、
グループとしての力を落とすことなく、
逆にフレッシュな魅力を
グループカラーに合わせて転化していて、
2大巨頭は当分は揺るがないと思いましたね。


●エンディング(スッペシャル~Magic of Love)
ハロー!の歴史に残るキラーチューンの3連発で、
しかも降臨でちぃちゃんが超至近距離で踊ってくれて、
テンションMAXで盛り上がりました。

ハロコンには2001年夏からほぼ毎回参戦していて、
中野サンプラザでは最前列の中央ブロックで
見たこともありますが、
今回はそれを上回るハロコンでは自分史上最高の神席で、
限界まで思いっ切り弾けちゃいましたね。


ということで、
ちぃちゃんの魅力を思う存分堪能できて、
昼夜を合わせて充実感100%超えの参戦になりました。

新年早々から良席、神席の連続で、
今年のチケット運は早くも使い切ってしまったかも
知れませんね・・・。
​​​